組織を内面から支えます。
組織活性化 組織ストレス診断テストMSI MSIを使った組織改善プログラム

産業保健体制 休職復職プログラム:総務・人事主体型 産業保健体制構築コンサルティング

人材育成・採用 採用支援プログラム メンタリング ストレスワクチン

ワークショップロブ 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度


大野孝浩医師 プロフィール



 クリニックでのうつ病等の患者から大学病院での重篤な患者まで幅広く精神科領域での臨床に従事している。これまで300例以上の休職・復職事例に携っている。
 2005年からは産業医資格を取り、数多くの企業で産業保健体制構築、運営を行う。精神科領域の豊富な臨床経験と職域保健での深い経験を持つわが国でも稀有な精神科医である。
 大手から中規模事業所でのメンタル不調者への対応体制、特に休職・復職プログラムの構築、実際の面談、対応、社員主治医とのコンタクト等の実務を数多く手がけている。
 多くの企業の産業医として活躍中のため、企業に関する見識も深く、組織や職場の状態をよく知る医師である。長い臨床での経験は、主治医作成の診断書の行間を読み、社員に最適な対処方法を見出しうる力につながっている。

【略歴】
1995年 東京大学医学部医学科卒業
1996年 国立精神神経センター武蔵病院研修医・レジデント
1998年 東京大学病院精神神経科助手
2000年 関東労災病院神経科
2004年 杏林大学病院精神神経科
2004年4月〜2006年3月病棟医長
2006年 医局長
2008年4月より精神科産業医として独立
こころのクリニック自由が丘診療所にて診療中

【資格】
1995年 医師免許
2000年 精神保健指定医
2005年 産業医(現在:大手企業、外資系企業等の産業医に就任)
2010年 労働衛生コンサルタント


ワークショップロブ